スペースデブリの恐怖がおんどれらを襲う

Posted by zero on 24.2011 雑記 0 comments 0 trackback
3200分の1で死ぬ

 文部科学省は23日、寿命で地球に落下しつつある米国の大気観測衛星(UARS)について、大気圏に再突入するとみられる日本時間の24日未明から午前にかけて、衛星が日本付近の上空を通過する可能性は3回との試算結果を公表した。

 同省によると、米航空宇宙局(NASA)の情報を基に宇宙航空研究開発機構が衛星の軌道を計算したところ、24日午前2時に北方領土付近、同3時半に愛知、岐阜、福井県など中部地方付近、同5時に沖縄本島の南側の上空を通過すると見込まれているという。

 この際、高度が下がった衛星が大気圏に突入すれば、数分で破片が地表に到達する可能性がある。NASAによると、人に破片が当たる確率は3200分の1で、特定の1人に当たる確率は20兆分の1以下になるとしている。




        / ̄ ̄ ̄\
      / ─  u ─. \  
     /  <○>  <○>  \. うおおおお・・・眠れねぇ・・・
   _| ;  u(__人__)  u  |_
   | \    ` ⌒´u   /  |
   |\ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
   |  \                     \
   \  \                 \
.     \  \                    \
        \  \                \
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒.|
           \|____________|

てか、3200分の1て結構な高確率だよな(゚д゚lll)
大気圏から高速で落ちてくる金属片に当たったらまず死ぬからだろうから
NASAから賠償ゲット(゚д゚)ウマーもできやしねぇ
一応、自分の住んでいる関東は含まれてないとはいえ恐ろしいわ
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://zero200803.blog47.fc2.com/tb.php/830-737f17c1